炭谷さんが連絡をしてくれたおかげで一応滞りなくブログの更新が出来ております。

どうも、溝野です。

とはいっても内容に関してははやり迷子状態で何を話してよいのやらという感じです。名目上、制作ブログという事もあるのであまりにもかけ離れた事を書いたりするのも違うような気がしてしまうので…。

 

えー、とりあえず今、文章を書く練習をさせてもらっています。短編で、起承転結をしっかりと描く。伝えたい事、キャラクター性やバックボーン。文章のリアルタイム性や、キャラクターの掛け合い、それに意味を持たせる事などなど。

そられら圧縮してかつ物語性を意識して退屈させないようなものを作る。

こういったことに気をつけながら書いているのですが、ブログを書いている時点で約一ヶ月、短編に取り掛かってます。正直、文章を書くスピードが遅いほうではないと思っていたのですが、それは多分気のせいだったのでしょう。上に書いた事柄を意識していなかった(全く意識していなかったわけではないですが、おそらく精度が足りなかった)ことも含めて、やっぱりいろいろと勉強不足なんだろうなと思っています。

短編作品、いろいろと見ていた気がしたのですがそこから何も学べていなかったのか、と自分自身に少し失望しています。勉強のため、家にある小説を何冊か読み直してしっかりと物語を噛み砕いて勉強させてもらっています。

そんなわけで短編、まだ出来上がっていません。

本来なら、ブログ更新前にはと思っていたのですが、せっかくその短編を炭谷さんが見てくれるということなので、下手なものは嫌なんです。かといって悩みすぎて待たせてしまうのも申し訳ない……。

公開する予定とかは特に無いですが、自分が最低限納得の出来るラインまでは持って行きたいと思っています。それで、自分のどこがダメか、追及してもらえればと……。

本当に、こうして感性の違う人に意見をもらえることはありがたいことですし、その機会を無駄にしたくは無いんです。それだけでもありがたいことではあるんですけど、やっぱり自分自身が面白いと自信を持って作品を完成させたい、その作品を見て評価をしてもらいたい。なんていうわがままな事を思ってしまっています。

私は少なくとも炭谷の実力? 評論能力とか物事の分析力とかを評価していますし、それは多分創作において大事な事の一つでもあると思いますし。今書いているものを見て、判断をしてもらって、次回作を面白いものにしていけるとも思います。

それに、自分が面白いと思うものが他人の面白いと思う事とは必ずしも合致するわけではないですし。自分も炭谷も納得したものを次回は出そうと話もしたし、なんていうか、一矢報いたい? 爪痕を残したい? というような感じです。

現在ライターが二人いて、こうやって私の文章を炭谷がチェックしてくれるのであれば、最低でも彼を納得させるようなものを作りたいのです。これがモチベーションにも多少つながってくるので、やっていく意味は大いにあると感じます。

炭谷とやっていくメリットが私にしかない気もしますが……。

まあ、自分ひとりで、面白いと思うものを作りたければ一人でも出来るわけですしね。私は、そういうやり方を知らないし、一人では多分できそうに無いし、それが出来るんだったらブログの更新を遅らせたりはしないわけですよ……。

自虐ネタはほどほどにして、とりあえず頑張ってますよ、というご報告でした。

いつもながら無意味な感じのブログになってしまって申し訳ない。

 

 

ので、野球の話をしたいと思います。

野球というスポーツを殆どの方はご存知かと思います。その中でも、高校野球というのは毎年、注目されているコンテンツですね。熱狂的なファンも居ますし、高校時代野球をしていた方なら、それ以降は母校を応援したり、地域紙の一面が気になったりすると思います。

私は残念ながら野球はほぼ未経験ですし、高校に野球部が無かったので、せいぜい注目されている選手の活躍や地元の高校が甲子園に行けるがどうかが気になったりする程度です。

まあ、そんな高校野球ですが毎年暫定的なゴールというか目標が定められていますね。先に話した通り、甲子園です。優勝を目指して、日々高校球児たちは練習に精を出すわけです!

例えば、ある高校球児のバッテリーが二人、練習に精を出しているところに彼らのクラスメイトが駆け寄ってきます。クラスメイトをAとします。

Aは野球部ではありませんが、二人の練習を見ていて感化されたか、何かは分かりませんが悪意無く二人にこんな事を言います。

『俺にも投げさせてよ』

そう言われたバッテリーの二人は、内心練習の邪魔だなと思いつつもまあAも悪い人間では無いし、何球か投げさせてあしらおうと考えるわけです。

バッテリーの投手のほうがAにボールを渡して、キャッチャーに目配せをします。早く終わらせて、練習をしよう。というような意思をこめて。

Aはそんなことを気にも留めないまま、満足そうにボールを受け取ると先ほどまでピッチャーが居た位置に立ち、見よう見まねでボールを投げるわけですよ。

キャッチャーは素人の球を捕球して、Aにボールを投げ返します。

するとAは、したり顔で言うのです。

『今の、落ちたよな?』

要約するに、落ちたというのは変化球の事です。Aは見よう見まねの投球で変化球を投げたから、それがちゃんと変化したかどうかを二人に尋ねたのです。

まあ、こんな書き方をしておいてあれですが、結論を。

Aの球は変化してません。もちろん、バッテリーの二人もそう思っています。けれど、Aは野球部ではありません。

ならば。

『ああ、落ちたね』

こう答えるのが、その場を収める一番良い方法なんだろうなということです。

そう言われたAは満足げな笑みを携えて、帰路に着くか、あるいは教室に戻ってまだ居るクラスメイトにその事を得意げに話すか、まあとにかくその場からはきっと立ち去ってくれるでしょう。

バッテリーの二人はAが居なくなってまた練習に戻れるし、Aも気分を害することなく二人との関係を良好に保ったままで居られるでしょう。

バッテリーは嘘をつきました。けれど、二人はきっとお互いの悪いところには意見を言い合うでしょうし、キャッチャーはピッチャーの落ちていない変化球を落ちたなどという嘘をつくことは無いでしょう。

何が言いたいかというと、嘘も方便ということなんですが、個人的には優しい嘘なんてフレーズを聞くと、この話を思い出します。

これは高校の頃、古典の先生が話してくれた話なのですが、何か凄く印象的で今でも心に残っている話なんです。この話では高校野球で、目指すべきゴールへ向かう仲間への遠慮や嘘は決して優しさではないと解釈してます。

野球以外でもこういったことはあると思います。

実際、私は炭谷に嘘で褒められても嬉しくは無いですし、自分もきっと炭谷を嘘で評価する事はないです。

逆にどうでもいい人なんかにはとっても愛想良く出来ます。二度と会わないのであれば、と思うと吹っ切れますし、いっぱい褒めたりもすると思います。まあ、人見知りが激しいので、出来ないかも知れないですけど。

こういう話はとっても好きなので、今後もネタに困ったら使っていこうと思います。

あ……っていうかこれも高校の頃の話じゃないか。もうだめですね、過去の栄光? の呪縛から逃れようと思っているのに。

……結局あまり制作のお話は出来ませんでしたが、今回はこの辺りで失礼します。

 

10月も中旬になり一日の寒暖差が激しくなってきました。そういう気候では体調を崩しやすくなります。この季節は、食中毒やインフルエンザも流行りだすので、皆様どうかお気をつけください。

 

それでは失礼します。