どうもこんばんはみなさん!
今回は僕、トム・クルーズがブログを書いているよ。

うそでーーーーーーす!
本当は炭谷一郎が書いてまーーーーす!
引っ掛かりましたねー?
何せ今日はエイプリルフールだから嘘つきますよ僕は!

され、気が付けば2014年も4分の1が過ぎてしまいましたね。
私個人的には、私生活でいろいろと動きがあったもので、正直時間が経つのが早すぎてついてゆかれません……!

われわれCINQ SYNCH、処女作の『Like Lie Cry』(略して『いくら』です)を上梓させていただいてから、早3ヶ月が経過いたしました。
サークル関係者間では、なぜか八坂君人気がフィーバーしております。
やれ冷やかな目つきがいいだの、やれ見下したようなポージングがいいだの、やれさこつがいいだのと、そういったうわさが耳に入ってきております。
これに気を良くしたCINQ SYNCHでは、調子ぶっこいて、いくらの続編を制作することを決めました!
タイトルは

「Ikura Ikura Kurai ~Iraq no Ikura ha Ikura?」

本編とは打って変わり、国際問題にも踏み込んだ作品になっているので、このような「いくら」「イラク」などの言葉をちりばめたタイトルにしました!
さらに、前置きとイラストから予想ができるかと思いますが、本作はBLゲームとなっております!

久司が大学に入学し、初めての夏休みが終わった頃のこと――――
対人関係で悩みに悩み抜いた彼は、自分に起こったある変化に気付きます。
そう、なんと彼は、女性をおそろしいと思うようになっていたのです。
そんな中、周りの男性たちとの距離が急激に縮まりはじめて……?
果たして、久司と、彼を取り巻く男女の関係はどのように終結していくのでしょうか。

そのような物語になっております!

今回のブログでは、体験版の公開に先駆け、ゲームのプレイ画面をちょっとだけ紹介しちゃいますよ!

yasakaniku

シナリオライターの溝野氏と、イラストのアユリ氏の両名が、
その謎の人気に頭を抱えて悩みこむという事態を引き起こした八坂君!
彼は久司と同じマンションに住んでおり、いわばお隣さんポジションです!
ちなみに文中の「白井」とは、もう一人のお隣さんでありヒロインの白井明ちゃんのことですね。
その絶好の距離感から躊躇なくアタックを仕掛けるさまは、本作の見どころに一つとなりましょう!

seijij

seijit

seijis

腹が立つくらいに爽やかイケメン、久司の先輩にあたる正治君!
なにやら主人公をやたらと遊びに誘っていますね!
そしてその行き先が、やたら薔薇族っぽいのはなぜなのでしょうか……真相はいかに!

keitapan

大学の同級生の啓太君から告白を受けるシーンです!
彼は主人公たちの溜まり場的なパン屋さんの息子なので、告白のセリフもパンにちなんだもののようですね。

keitayumi

興奮した啓太に押し倒されてもみくちゃになっているところに、なんと友だちの由美ちゃんが偶然やって来てしまうという場面です!このあと、二人はこのピンチをどう切り抜けるのでしょうか! 本編にご期待ください!

keitayumi2

久司と啓太、それに由美ちゃんの三人で雑談をしているシーンです。
くんずほぐれつを目撃されて以来、外でいちゃつくスリルに目覚めてしまった久司は、テーブルの下で啓太にちょっかいを出します。
おそろしい話ですね。

yuki

こちらはみんなのお姉ちゃん的な由紀さんと付き合っている久司が「自分、男のほうが好きっす」と告げるシーンです!
由紀さんは諦めきれず、色仕掛けで落とそうとするのですが、久司の決意は固かったのでした……。
本編の最初では、由紀さんに抱きつかれた久司が別の意味で固くなりかけるワンシーンもありましたね。
時間の流れとは残酷なものです。

今回お見せできるのはここまでですー!
この先は、体験版の公開くらいまでお待ちくださいませ~。

現在の、週のうち30秒くらいのペースで作業に取り組んでおりますので、2075年の夏コミでの発表を目指して鋭意制作中でございます!
また制作に進展がございましたら、ホームページにてご報告させていただきます!
いくらいくらくらい? ~イラクのいくらはいくら?~の続報をお楽しみに!