背景担当の朝凪です。

先週炭谷さんの方からお話がありました新作の「すいすいすいさいど」
先日背景&スチルのためのロケを行ってきました!着々と進めております。

実は最初のロケを行ったのが、あの40年ぶりと言われた記録的な大雪の数日後。
IMG_0120
こちら、2月8日。大雪が降っている最中の秋葉原(末広町)の中央通りです。都会のど真ん中です。
あの日の都市部は土曜の夜にも関わらず、人もなければ車もなく、
街は雪に覆われてしんと静まり返っておりました。

雪で歩道と車道の境目が全然わからない…!路肩どこなの…!どうなってるの…!

もし、貴方がこの写真だけを参考に「春の秋葉原の大通り」を描いて下さい、と言われたら
いかかでしょう?描けそうでしょうか…?

私だったら…頭を抱えます。笑

頭を抱えつつ、想像力と妄想力をフル発揮でやれるだけ頑張る…と思います。
…でも、雪に覆われた歩道がどういう構造になってるのか?とか
大通りの中央線はどこだ?とか気になる部分が非常に多いので、
おそらく、自主的にもう一度資料用の写真を撮りに行きます。笑

あくまで絵のための、参考用&資料用の写真。ロケ。
基本的に天気は雨でも曇りでもなんとかなりますが、
さすがに雪は、細かい構造を隠す雪のロケはつらいかも…。と痛感。いやはや。

ただ、もともと東京は雪降る地域ではありません。冬の最低気温は3度前後が平均。
数日後に迫ったロケ日。でも大丈夫、その頃にはこの雪もきっと融けてる!毎年すぐ融けるじゃないか!多少は残ってるかもしれないけど、その程度の雪はなんとかしてみせよう!

それぐらいの修正、描き足しができなくて何が絵描きだ!

 

IMG_4932

 

……多少、どころかメッチャ残ってました。笑

あまり融けてなかった。40年に一度の大雪は伊達じゃありませんでした。

もし、この写真を元に背景を描くとしたら。
中央の植え込みがどこから始まっていてどうなってるのか全くわからないし
仕切りの柵とか、傾斜(段差)があるんだろうけど今ひとつわからない。
結果、どうしても己のイマジネーションをフル発揮で描くことになるよね…。
想像力全開で描くのも、それはそれですごく楽しいのだけれどもね…。
雪はなかなか手強い。

しかし幸運なことに。実は、こちら実際には使われない風景。
背景の写真資料が必要だった場所はところはなんと、雪があまり残ってなかったんです!
こんなにも雪が残ってる場所がある一方で、融けてる場所もちゃんとありました。奇跡!
この数日後の週末もまたがっつり降りつもりましたから、
大事をとってさらに数日ずらしてたら大変なことになってました!ありがとう!

…本当は、こんな不明瞭な部分の多い資料1枚しかなかったとしても、
それを元にしっかり描けるほうが、それだけの知識や技量があるほうが、ベスト。理想です。
精進あるのみ、です。がんばります。

こんな風に、さまざまな試練に見舞われつつ鋭意制作してます。
背景他、さりげない部分も心を込めて制作しております。楽しみにしててください。